勉強より大切? 意外な就学準備1


入学直後の子どもたちでよくある事例から、就学前に準備しておきたいことをご紹介する連載第1弾。

1.立ったまま靴下や靴を履けますか?
IMG_1326.JPG

さて、「なぜ就学準備で靴?」と思われるかもしれません。
下校風景を想像してみてください。
手に手提げバッグ、背中にはランドセルを背負っています。

一斉に出入りする時間帯だと昇降口は人で溢れます。
その中で座り込んで靴を履いていると……すぐに大混雑。
立ったまま靴をさっと履いて出ることが求められます。

幼児のうちは体幹が弱く、片足で立つとバランスを保ちにくい場合も。
そのうえ、小学校ではとにかく持ち物が多いのです。
ランドセルだけで3~4キロあると言われています。
さらに、特に保育園出身の場合には裸足保育の園も多いためか
靴下・靴の着脱は練習して身につけるべき課題の1つです。

外遊びやスポーツプログラムを通して、体幹やバランス感覚が鍛えられていきますので
「入学前に必ずできなければと」過度の心配は不要ですが
しゃがんだ状態やつま先立ち・片足立ちなどから練習をお勧めします。

そして、靴の取り違えも、入学直後に限らず「あるある」です。
人気メーカーの靴は、色・デザインが同じ靴の子もいます。
名前以外に目印になるマークを見えやすい位置につけておくと良いかもしれません。

以上、第1弾、靴にまつわるエトセトラでした~
続編も頑張ります!

この記事へのコメント